こんにちは!お久しぶりです! 東久留米総合高校サッカー部13期生マネージャーです!

新チームでの活動が始まり、選手の活気もより一層高まる中、私たちマネージャーもこれまで 以上の責任感と共にこれからの選手の活躍に期待を膨らましています。

今回は、3人の選手にインタビューをしました。 インタビューの内容は以下の通りです。

【1.好きな選手とその理由】 【2.くるそーサッカー部の良い所や見どころ など】 【3.どんな新チームにしたいか】

 

武田 涼佑

1.尊敬する選手は11期生の主将下田将太郎さんです。 下田さんは主将として部活の時間で苦しい姿を見せたことがありませんでした。常に周りに 声を掛け、誰よりも身体を張るプレーは自分も見習わなければなりません。そして下田さん を超える主将になります。

2.粘り強く、気持ちを前面に出して闘うところや今年から昨年よりもボールを大事にして攻撃 につなげるところが見どころです。

3.今年のチームでは必ず関東、総体、選手権の3冠とT2優勝することです。決して容易なこと ではないですが、その目標を達成するために日頃から頑張りたいと思います。また、観てい る人をワクワクさせるようなサッカーをしたいと思います。

 

西郷薫

1.トニ・クロース選手です。 初めてプレーを見た時に、正確なパスやキックに魅了されたからです。

2.人工芝という環境でプレー出来ることです。

3.応援されるチーム、勝てるチームにしたいです。

 

柳内 優輝

1.トニ・クロース選手です。 止める蹴るの基本技術がずば抜けて上手であり、1人で状況を打開できるからです。

2.良いと思う所は上級生と下級生の仲がとてもいいところです。

3.どんな強い相手でも自分たちのやることを貫いて勝ちにこだわるチームにしたいです。

新型コロナウイルスの影響により大変な状況ではありますが、私たちマネージャーも感染対策をしっかり行い、選手が安心して練習ができる環境を作れるよう頑張ります。

応援よろしくお願いします!