こんにちは‼
東久留米総合高校男子サッカー部マネージャーです‼

今回は来月の12日から始まる高校サッカー選手権東京都予選に向けて選手にインタビューをしました。

 


 

キャプテン : 下田将太郎

目標
東京代表になる

意気込み
昨年は、悔しい終わり方になってしまったので、今年は、最低目標として西が丘でプレーすることを目指します。そして、その先は全国でまず一勝をすることを目指し頑張りたいと思います。3年間の思いが詰まった大会となるので、精一杯戦い抜きたいと思います。
応援よろしくお願いします。

 


 

部長 : 岩田蓮太

目標
チームとしては3年間の集大成もありますが、自分の中では今までのサッカー人生の全てをかけて、最低でも西が丘、そして全国に出て勝つということが目標です。

意気込み
今までサッカーを続けてきた中で沢山の人が自分に関わってくれて今があるのでその人たちへの感謝を持ってその人たちのために、また、今まで自分の代で支えてくれたマネージャーである汐音、そして自分のため、チームのために戦いたいと思います。
トーナメントには名のある強豪もいますが、今までのどの試合でも自分たちはチャレンジャーであるという自覚を持って戦ってきたので、先を見据えることよりも目の前の試合を一戦必勝で、驕ることなく、謙虚に、貪欲に、”チーム”として戦っていきたいと思います。

 


 

3年 : 酒井真

目標
全国の舞台で戦う

意気込み
11期生は入部当初から史上最弱の代と言われてきました。そこから約2年半、チームで伸び悩むこともありましたが、日々のトレーニングで積み重ねてきたことは確かなものであると思います。3年間自分たちで積み上げてきたものを信じ、入部当初の評価を覆すような結果、すなわち全国大会出場を果たしたいです。
そして何よりも、今まで支えてくださった方々に、全国大会出場という形で必ず恩返しをしたいです。
11期生にとっては最後の高校サッカー選手権です。11期生らしいサッカーで、一戦一戦、最後の最後まで全力で戦います。熱い応援よろしくお願いします。