こんにちは!☀
東久留米総合高校サッカー部12thマネージャーです!
今月はサッカーの試合に欠かせない審判についてです!

本校では毎年1年生の数名が4級審判の資格をとり、マッチミーティングの様子や、試合当日の流れなどを先輩から学びます!そして2年生からは実際に副審として試合に参加します!副審の人達は審判部と言われていて主にT1、T4リーグの時に活動しています!

T1の場合はAチームの選手と同じ時間に集合し、審判着に着替えてマッチミーティングに参加します。
マネージャーと一緒に参加し、自己紹介をする所から始まり、その後マッチミーティングとは別に主審の方とミーティングを行い試合に臨みます!
試合を重ねるごとにマッチミーティングや、試合での姿が頼もしくなるのでそんな姿をみれた時はとても嬉しいです☺

1年間副審を経験する事でやりがいを感じ、練習試合で主審として笛を吹く人もなかにはいます!
そして今年の3年生には3級審判の資格を取得した人もいます!その選手にいくつか質問をしてみました!

Q.なぜ3級審判の資格をとったのですか??
A.将来プロレフリーになりたいから

Q.審判のやりがいは何ですか?
A.一番近くで試合を見れる

Q.審判部の後輩に一言!
A.審判はきつい役割であるけど同時にサッカーをやる上で欠かせない役割でもあるので頑張ってください!

ありがとうございました!!
いまの2年生にはこの後に続くような審判に育って欲しいです!

このように1年間を通して行われるリーグ戦を支える審判。選手としてだけでなく、審判としても活躍する姿にぜひ注目してみてください!🙌