大久保陽紀(3年)

 

“目標”
チーム立ち上げの時に加藤先生が口にした「東京制覇」です。これは1年間に4回機会があり、そのうちの2回はすでに終わりましたがまだ成し遂げられていません。勝てなくて、辛くて東京で一番をとることが自分たちの中でイメージとして浮かばない。そのような時期もありましたが、この「東京制覇」に向けて残りの選手権、T1リーグを二つとも獲りに行き最後までブレずにいこうと思います。

“意気込み”
この目標を達成するための過程に西が丘・駒沢の「二つの天然芝を踏む」というものがあります。三年間の集大成である選手権ではサッカーと受験の両立が大変ですが、去年皆んなで観に行った選手権の決勝のピッチに本気で立つために日々過ごしていきます。そしてTリーグは私達の力だけで所属しているのではなく、クルソウが必死に積み上げてきたおかげで最高の環境で今プレーできています。このことを忘れずひたむきに頑張り結果を残すことで次の学年にバトンタッチしたいです。

“チームの状況”
Tリーグの前期ではなかなか勝てず、雰囲気が崩れ自分たちから崩壊していくチームでした。何が原因で何を変えなくてはいけないかも分からない状況でしたが、こうして後期リーグはやっと少し勝てるようになってきました。しかし、まだまだ東京で1番厳しい環境での練習はできていないのが現状だと思います。これからもっといい雰囲気で団結していこうと思います。

 

 


 

下田将太郎(2年)

 

“目標”
東京都制覇
西が丘、駒沢のピッチに立つ

“意気込み”
選手権は3年生とサッカーができる最後の大会なので、なんとしてでも全国への切符を掴んで、関東、インハイのリベンジをしたいと強く思っています。そして、自分が憧れの空色のユニホームを着て選手権のピッチに立つことが出来たのなら東久留米総合の誇りを胸に全力で戦いたいと思います。

“チームの状況”
チームはとても良い雰囲気です。3年生は3年間の集大成となる大会なので強い思いをもって日々練習しています。自分も2年生だからと言って遠慮せず試合に出るために日頃から全力でアピールしていきたいと思います。